人気の記事:
1.ロボットが人間の仕事を奪う未来!それでも新しい技術を使いこなすべき!
2.カンブリア宮殿で紹介のイカ釣りロボとマグロ釣りロボが示す日本の未来!
3.植物工場が軌道に乗り始めている!日本の食の安全に貢献!

2016年03月10日

ペーパーレス化を進めましょう!

パソコン、電子メールなどが普及し始めた頃から「ペーパーレス」についてはよく話題になっていました。それからタブレット型の電子端末、電子書籍が普及するようになって、かなり「ペーパレス」が前進し始めた感があります。

まず電子書籍については、紙で印刷した書籍を電子端末で読めるようにしているわけですので、確実にペーパレスに貢献しています。それから会議などの資料を電子端末で読めるようにすることで、配布資料を印刷しないような取り組みも進んできています。

少し前にソフトバンクがタブレット端末を配布することで、車内での印刷した資料等の配布を止め、ペーパレスかすると発表していたのが印相に残っています。最近では、首都圏での地方会議などでも同様の取り組みを始めています。

ペーパーレス化すると、紙を使わなくなることは当然ですが、紙に文字などを印刷する必要もなくなるため、インク代、プリンターの消耗品代なども節約できますし、紙・インク・消耗品の輸送にかかるエネルギー・コスト、印刷そのものにかかるエネルギーと・コストも節約できます。

案外忘れがちなのは、印刷したものを補完するスペースが不要になることです。ある程度以上印刷物をファイルして保管している人は、それがかなりのコストになることは十分に認識していることと思います。土地代が高い地域ほどスペースに要する費用は馬鹿になりません。また電子化することで、検索したりすることも可能になりますので、整理整頓・活用にもプラスに働きます。

ペーパーレス化はもっともっと進めて行くべきでしょう。





posted by アポロ at 23:07| Comment(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボットは接客に使われ始めている!

ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」が話題になり、いろいろな所で利用されています。人とコミュニケーションできるところが、ロボットとしてはもっとも特徴があります。このペッパーを代表に、「接客」にロボットを使う試みが多くの店舗で進められているようです。

AI(人工知能)の進歩は著しいですが、人間と同じようなレベルのコミュニケーションを期待するのはまだ無理があります。それでもすでに人間よりも優れている点もあります。それは大量のデータから何かを検索するような作業です。

とても大きな店舗で商品数も膨大になると、ある商品を希望するお客さんにどこにあるのか、在庫はあるのかなどを瞬時に答えるのは人間よりもロボットの方が得意とするところです。売り場が広くなるほど、そのような案内は価値があります。

書店などでも欲しい本を探す時に、端末を利用できるようにしている店舗があります。あのような機能であれば、すぐにロボットに任せられるでしょう。それもキーボード入力ではなく、音声でやり取りできれば便利です。

ロボットは急速に進歩するでしょう。恐れるのではなく、活用するように努力していけば強い味方になるでしょう。





posted by アポロ at 10:13| Comment(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。