人気の記事:
1.ロボットが人間の仕事を奪う未来!それでも新しい技術を使いこなすべき!
2.カンブリア宮殿で紹介のイカ釣りロボとマグロ釣りロボが示す日本の未来!
3.植物工場が軌道に乗り始めている!日本の食の安全に貢献!

2016年08月12日

鉄道会社が高架下で野菜を栽培!

関西の私鉄のいくつかが植物工場で野菜を栽培しているそうです。

鉄道各社は列車を走らせるための線路を保有しています。その中で高架の部分は、高架下の土地利用が行われていました。それらは主に駐車場などに使われていたようですが、最近は高架下で植物工場を作り、野菜を栽培する事業を始めているようです。

植物工場は多くの企業等が取り組んでおり、技術・ノウハウも蓄積し、さらに使用する資材も入手し易くなっているのでしょう。もちろん鉄道会社なりに試行錯誤をしていると思いますが、高架下のような細長い土地でも野菜栽培・販売事業として軌道に乗り始めているようです。

これも科学技術の進歩によるものですが、農業従事者が減少する中で、異業種が参入し、国内で食糧を生産するということは日本にとっても喜ばしいことです。

トコトンやさしい植物工場の本 [ 森康裕 ]





posted by アポロ at 14:19| Comment(0) | ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。