人気の記事:
1.ロボットが人間の仕事を奪う未来!それでも新しい技術を使いこなすべき!
2.カンブリア宮殿で紹介のイカ釣りロボとマグロ釣りロボが示す日本の未来!
3.植物工場が軌道に乗り始めている!日本の食の安全に貢献!

2016年04月16日

科学技術を結集して日本の介護分野の生産性を向上させる!

日本では介護分野での問題がいろいろと指摘されています。増え続ける要介護者に対し、施設と介護従事者の不足、介護が重労働であるにも関わらず賃金が低い、などといった問題です。

これは非常に解決が難しい問題です。根本的に介護現場の生産性を向上させることが重要であることは明らかです。しかし、どのようにして生産性を上げればよいのでしょうか?

現在でさえギリギリの状況で努力している介護従事者に、もっと働くことを求めるのは無理があり過ぎます。このような問題ほど、科学技術を駆使して解決すべきでしょう。人類の歴史を見ても、便利な道具・装置を発明し、利用することで著しく生産性を向上させてきました。さらにソフトウェア的なノウハウにも医学・科学の研究成果を活用すれば、格段に生産性を向上できるはずです。

実際、いくつかの企業で介護分野に役立ちそうな研究開発が行われ、製品・サービスが提供され始めています。ここでいくつか紹介します。

施設内で要介護者の移乗介助機器を導入することで、腰痛による介護者の離職を減らせると期待されます。現在の腰痛による離職者の割合から考えると、年間で約4800人の離職防止効果があると考えられます。

移乗介助機器としては、すでにかなり有名になったCYBERDYNEのロボットスーツHALがあります。HAL介護支援用腰タイプは、2015年度厚生労働省補正予算の「介護ロボット等導入支援特別事業」の対象機器に選ばれています。

富士機械製造株式会社の移乗サポートロボット Hug T1は、ベッドから車椅子、車椅子からお手洗い、といった座位間の移乗動作や、脱衣場での立位保持に利用できるロボットです。

見守りシステムを導入すると、夜間業務が20%効率化できるとされています。また排泄支援システムの導入により、夜間のおむつ交換を著しく減らせる可能性があります。

センサーを用いた見守りシステムは、パラマウントベッド、構造計画研究所などが開発しています。

排泄支援関連は、ユニ・チャームが自動排泄処理装置をレンタル、TOTOがベッドサイド水洗トイレを開発しています。

日本の技術力を結集して、便利な製品・サービスを開発していけば、介護分野の生産性は向上できるはずです!





posted by アポロ at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。