人気の記事:
1.ロボットが人間の仕事を奪う未来!それでも新しい技術を使いこなすべき!
2.カンブリア宮殿で紹介のイカ釣りロボとマグロ釣りロボが示す日本の未来!
3.植物工場が軌道に乗り始めている!日本の食の安全に貢献!

2015年08月04日

キャノンのデジカメ生産ライン完全自動化にみる未来

日本経済新聞の報じたところによると、「キヤノンは2018年をめどに国内のデジタルカメラ生産を完全自動化する。約130億円を投じ、基幹工場にロボット生産などを研究・開発する拠点を新設。熟練技術者の高度な技能を自動ラインに置き換えてコストを最大2割削減する」とのことです。

キャノン以外にも多くの企業で、人手のかかる作業をロボットによる自動化に切り替えていくための努力が行われています。日本は少子高齢化で労働力が不足していきますので、ロボットの活用は必須でしょう。さらに海外生産とのコスト競争力を考えても自動化した方が有利です。注意すべきことは、多大な研究開発をして構築したロボットによる生産システムを海外に奪われないようにすることです。

液晶ディスプレイの業界でも、液晶ディスプレイの生産設備を開発した企業が、それを海外に販売したことで、短期間で海外にキャッチアップされてしまいました。ロボットを開発する企業は、売上を伸ばすために必ず海外へも販売するでしょう。実際、ファナックなどの生産用のロボットを開発した企業は、海外へも販売しています。そのこと自体を批判することはできませんが、それにより日本企業の競争力が急落しても困りますので、そのような事態を想定した戦略が必要です。

自らの業務に必要なロボット技術は、外注せずに自ら開発し、外部に流出しないように工夫すべきなのでしょう。そのような視点で見た時に、キャノンの取り組みの詳細が後日公開されればと思います。






posted by アポロ at 07:39| Comment(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。